エントリー

2009年09月の記事は以下のとおりです。

近視は治すべきものか?

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpgファイル 7-4.jpg

学校の視力検査で1.0以下だと眼科に行くように言われる。
高度遠視や乱視、弱視はメガネの必要性が理解しやすいため、
殆どの人がかけてくれる。
だが、単純な近視はなかなかすんなりとはいかない。

「近視を治してほしい。」
「進まないようにしてほしい。」
「この子は一生メガネをかけないといけないのか?」
「うちの家系にメガネはいないのに」

と心配のあまり質問責めになる。

「近視は病気ではないですよ」

の言葉に安心する親はあまりいない。

あとの患者さんに緑内障や黄斑変性、糖尿病性網膜症だのと本当に
失明する眼疾患の人がたくさん待っているのだけれど・・・↓

 近視は現代に適した、いわば『進化した目』だと私は思う。

かくいう私も近視である。
小学生のときからメガネをかけている。困ったことやからかわれた
事は一度もない。

 40代になって老眼がはじまると近視は俄然有利になる。
小さい字は、メガネをはずせば楽に見える。
しかも、何時間見ても疲れない。
夜中に目覚めたとき、枕もとの本をいつでも読める。
本屋で立ち読み自由、美容院でパーマをかけながらも読める
いたるところで知識を吸収できるのだ。

その割には学の程度が低いって?
ほっといてくれ。

 まだなんぼでも利点がある。紫外線は網膜までもろに到達して
眼の老化を早めるが、メガネは紫外線をカットする強力な防具だ。
野球のボールが眼球を直撃しても、メガネがクッションとなり眼球破裂から眼を守ってくれる。

 最近のテレビCMは巧妙だ。

後期高齢者の方が老眼鏡なしに新聞を読んでいる。
ある健康食品のおかげでよく見える、との事らしいが、この人たちは近眼にすぎない。
5mの視力も測ってほしいなぁ!(笑)

視力が1.5もあると、40歳すぎから老眼鏡がないと、株式欄が見えなくなりますよ!

コンタクトレンズ情報

もう秋ですね。
今年の夏は猛暑と激雨であっという間に
過ぎてしまいました。
夏のキャンペーンも終り、この秋おススメの
コンタクトレンズを御紹介します。


おススメその①
めちゃめちゃ乾燥する(泣)という方に
こんなの今までになかった!という新製品

クーパービジョン クーパープロクレア1DAY 
 (ワンデーアキュビューモイストと同価格)


おススメその②
新規の方に得点!

ボシュロム メダリストワンデー 
初めてメダリストワンデーを買うという方は
次回購入時より2箱購入で¥500割引が
          なんと3回ついてきます!!


ぜひこの機会にお越しくださいね!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2009年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

10月の休診
2017/10/04 11:04
夏休みのお知らせ
2017/08/03 15:01
代診のお知らせ
2017/07/24 09:17
代診のお知らせ
2017/07/08 09:06
5月のお休み
2017/05/08 16:15

Feed